FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
黒米
先日、「黒米」 を購入
黒米

この黒米は栄養価も高く、しかも炊き上がりすご~く綺麗な色に炊きあがるのだ

本当は、色んな種類のお豆やひじきなんかも入れて炊くといいみたいですが
今回は、簡単にお豆のみの炊き込みにしました
(このお豆、何豆だったかな?)

朝ご飯

ちょっと黒米を入れる量、少なかったかも
色が浅いですね

昨日の朝ご飯
おかずは・・・お弁当の残りもの+椀物
以前作陶した長皿、大活躍です

スポンサーサイト
[2008/05/31 12:32 ] | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
淀屋橋 「odona」
今日、淀屋橋にオープンした商業施設 「odona」
帰り道なので、ふらっと立ち寄ろうかと思っていたら、友人から
「すごく混んでるよ」 のメール
しかも、スイーツのお店なんて入店制限してるって

ハイ、すぐに諦めました
ま、また来週にでも行ってみたいと思ってマス

【お店情報】・・・odona


その代わり、今日はまた布を見に行ってみた
購入するには至らず、空振りでの帰宅となりましたが、
週末の休日には、出来たらシナモンロールなんか焼いてみたいものです
気合いが入れば・・・の話ですよ

[2008/05/30 23:27 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
裁判員制度
来年5月から新たに始まる裁判員制度
この制度についての細かな説明を、今日会社で聞く機会がありました

【裁判員制度】・・・ふ~ん・・・
と、なんだか他人事でしたが、お話を伺ううちに、早ければ今年の年末には
高い確率で選ばれるかもしれないということで、すごく現実化しました

えーーーっ、選ばれるって、どういう基準で?
選ばれたら必ず出廷しないといけないの?辞退出来ないの?
選ばれた後、また翌年に選ばれたりするの?
法律、全くの無知ですが、裁判員なんて務まるの?

などなど・・・。
聞く側としては不安だらけの制度導入

でもその方は、私達の不安を取除くように、一つ一つ丁寧に説明して下さいました
うまく書けないので、下記リンクを参照くださいませ。

【詳しくはこちらのページをご参照ください】

お話を聞き終えて、制度の内容がわかったので、ホッとした感じかな?
でも、もし選任されたら・・・。適正な判断出来るのかな?
実際のところ、選任される確率は高し
親族や、職場の方、あるいはご近所の方など、身近な人が 「通知来た~」 って
いう言葉を耳にするのも、遠い話ではないと思います

でもね、選任されて辞退理由も無く出廷したとしても、当日には裁判官による面接で、
最終6人の裁判官に絞られるということだった
裁判官の方々、なんと労力のいることでしょう

そして、最終選考で選ばれた裁判官は、当日の午後からの公判に出席するという。
裁判の内容についても、裁判官からわかりやすく説明されるので、心配は無いとの事

色々と聞いて、ちょっと法廷に興味が沸いたというか、近くに感じられた出来事でした
この制度の導入によって、個々が司法に対する理解と信頼が深まり、自分を取り巻く
社会について考え、より良い社会への第一歩となることが期待されているようです

日々、目を背けたくなるような事件が多い世の中、皆でどうにかしないと
目指せ平和な国、日本

[2008/05/30 23:17 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
小倉山荘 「新酒米飴」
先日会社の人から、京都でせんべい・おかきが有名な 「小倉山荘」 の
“新酒米飴” を戴きました
小倉山荘から、こういった飴発売してるのねって新たな発見です

新酒米飴

どんな味がするのか?
興味津々で早速口に入れました

ソフトキャンディだったので、食感は柔らかめ
ふんわりと香る酒粕の香りが、なんだか懐かしく思う。
小さい頃、よく酒粕を食べていたもので・・・

ホント、酒糟をそのままキャンディにした飴でございました
同僚は、すご~くヤミツキになっているようで、無性に食べたくなるそうです


[2008/05/30 22:07 ] | 和菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
なんばウォーク Beer Stand LACHEN(ラッヘン)
今年4月、なんばウォークに新しく出来た 「Beer Stand LACHEN(ラッヘン)」
お店の前を通る度に気になっていたところ。
今日、友人とフラッと立ち寄ってみた
本日のお店、写メを撮れる雰囲気ではなかったので、写真ナシです

ラッヘンは赤垣屋の新業態としての、洋風立ち飲み屋
様子を見ていると、フラッと立ち寄りビールを引っ掛けてすぐに退店する
サラリーマンや学生グループなど、さまざまな年齢の客層でした
ドリンクメニュー、ビールは勿論、ワインやソフトドリンクも揃っている

私はまず、シャンディーガフを頂きました
ジンジャーの甘さが、ビールというよりは甘いチューハイを呑んでいるよう
フードメニューも洋風で、おつまみ系、あっさりとしたサラダ系、お約束の揚げ物など
期待以上に種類も豊富
しかも、一品のお値段が懐に優しいんですね
(だいたい200円台からあります)

ただ、一品の量は少ないです
でも、のつまみと言うことでは、文句ナシ。一人の方には、適量だと思います
私的には、色んな種類を少しづつ頂けるので、飽きないし、いいな。と

今日、食べたメニューの中でオススメなのが・・・
シェパードパイ ⇒ 牛ひき肉煮込みの上にマッシュポテト、チーズをかけて焼いたもの。
イカリングフライ
唐揚げ(骨付きで美味)

立飲みなので、足が疲れるかなぁ~なんて心配していましたが、
なんの、なんの
おしゃべりに花が咲いて、疲れるどころか、いつもとは違った雰囲気で
お酒を呑めて楽しかったな

[2008/05/29 23:10 ] | 洋食 | コメント(0) | トラックバック(0)
からすみ酒盗
土曜日、近鉄百貨店の地下をブラブラしていたときのこと。
キョロキョロ物色しながら歩いていたら、 「からすみ酒盗」 を見かけました
以前、何かの雑誌で読んだという記憶があるのですが、
随分前になるので、どんな内容だったかまでは明確に覚えていません
ただ、「盗まれるように酒がなくなっていく。酒盗(シュトウ)と言われるのが、
よくわかります」 と誰かがコメントされていました

ムムムッ、そんなに美味しいの?お酒に合うの?と興味津々
店員さんに、商品説明をしてもらい、買っちゃった

からすみは固形のものも大好きなんだけど、この酒盗は、からすみと
かつおの塩辛を醤油などで味付けし、熟成されたもの。
からすみ酒盗

店員さん曰く 「お酒を呑む方は、そのまま召し上がることが多いけれど
スライスしたパンにパテとして食べても良し。
また、パスタやチャーハンに味付けとして入れても良し。」 と教えてくれました

からすみ酒盗

結局、まずはストレートにそのまま味わってみようと、お酒の肴に頂きました
うん、なるほど。塩辛だ
鰹の内臓の歯ごたえも好きな感じだわ
からすみが塩辛さを緩和していて、本当にお酒も美味しく感じられる
辛いから、ついついお酒に手が伸びる・・・
日本酒よりも、焼酎の辛口が合うんじゃないかと思う晩酌タイムでございました

[2008/05/28 22:10 ] | 和食 | コメント(0) | トラックバック(0)
千住博 展 「ハルカナル アオイ ヒカリ」
今日の帰り道、用事があって高島屋に立ち寄りました。
用事が終わり、帰ろうとした時、ふと一枚のポスターが目に留まった

「千住博・・・ハルカナルアオイヒカリ・・・」
千住・・・ハルカナル・・・アオイヒカリ・・・アオイ・ヒ・カ・リ・・・

あぁ~、この人
少し前にTVで取り上げられていた人だぁ・・・と言うことに気づく

見たかったのよ、この人の作品
でも、きっと東京のみの開催だわって諦めていたの

一人でテンション上がりきってて、落ち着いて入場制限時間を見たら後8分ある
踵を返して、足早に会場に向かったのでありました

今回の展示作品は、手漉き和紙に蛍光塗料で描かれたもの。
和紙を立てたまま塗料を流すと言う技法ですが、(←で紹介されてた!)
量も、流し方も全て計算されている

ブラックライトとスポットライトにより、浮かび上がる幻想的なこの作品は
思わず息を呑むほど、幻想的
会場内の作品は、スケールも大きく圧巻でした。
自然の中に身を置き、滝の音が聞こえるような錯覚、何だかわからないけど
込上げてくるものがありました。
近くで見ても、遠目に見ても、飽きることなく足が止まる。
かなり興奮した状態で会場を後にしました・・・

30日(金)まで、大阪高島屋のグランドホールで開催されていますので
興味のある方は是非どうぞ
こういう世界って、個人がどう感じるか?それぞれだと思いますが、
今回の作品は見る価値あるんじゃないかと思います

ハルカナルアオイヒカリ・・・是非、また見てみたいです
はぁ~、見ることが出来てヨカッタ


【アーティスト情報】・・・千住博 公式HP
【作品】・・・千住博 作品

[2008/05/27 22:06 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ピースの雨の日ルック!
ご近所に住む友人の愛犬、ピース
いつも、家族から可愛がられ、すくすくと立派に成犬しましたねー
見るたびに大きいなぁ、力強いなぁとオドロキ、圧倒されるものがあります

さて、イヤ~な梅雨がすぐそこに迫ってきましたね
きっとわんちゃん達もイヤなハズ。
毎日のお散歩、少しでも快適に・・・と言うことで、友人がピースの為に見立てて
プレゼントされたレインコートです

ピース

“どぉ?似合ってる?” と言わんばかりの視線。
胸板厚く、前足も立派ですなぁ・・・

ピース

ちょいと、横からのショットも
逆三体系のピース、体引き締まっとる

着せる時、とても大人しくしているピースですが、毛が長いので
ファスナーに絡まるのが悩みだそう・・・。
ピースは、かなりお気に入りな様子ですが・・・

これで、雨の日のお散歩もかなり快適になるかしら?
わんちゃんグッズって、本当に色んなのがありますよねぇ。
衣装もバラエティに富んでいるので、見ていると楽しいですね

[2008/05/27 20:13 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
桜ノ宮 「Maimon(マイモン)」 の “濃厚ミルククリームシュー”
北海道展を目当てに、阿倍野の近鉄百貨店へ行ったとき、地下ではこの
「マイモン」 のシュークリームが出店されていました

マイモン?・・・聞いたことが無いなぁと、お店の前までズズズッと寄っていき
紹介チラシを見てみると、グルメ雑誌やTVなどにも多数取り上げられた様子。

“ミルククリームシュー” という、あまり目にすることの無いクリームに惹かれ
お試しに買ってみた

マイモン


手のひらサイズのシュークリーム、シュー皮は軽そうです
そして、気になる中身のミルククリーム
ミルククリームと言うよりも、ミルクそのものです
軽めのシュー皮とこのクリームのバランス、考えられているなぁって思いました
もし、重めでパリッとしたようなシュー皮だったら、きっと、このミルククリームの
美味しさが表現されず、負けてしまうでしょう
あっさりとしているので、何個でも食べれてしまいます


【お店情報】・・・マイモン

[2008/05/26 22:49 ] | 洋菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
阿倍野 AKA
土曜日の夜、前々から行きたいと思っていた、阿倍野の長屋レストラン
「AKA」 へ行ってきました
このレストランは、陶芸教室の生徒さんに教えて頂いたお店。
以前、少しの間ですがこの近所に住んでいたのに、レストランの存在は知りませんでした

この長屋は昭和7年に建てられた4軒続き。
平成15年に長屋建築の好例として登録有形文化財に登録されたそうです
レトロな雰囲気がとても良い感じで、その建物の中でお料理を頂けるって
テンションあがります
AKA

真っ赤な暖簾をくぐり店内に入ると、そこは黒と赤を基調にしたアジアな雰囲気。
なんだか落ち着きます

今回はコース料理をオーダー
食前酒
AKA

はちみつ入りのほんのりと甘みの感じるお酒。
食欲増進効果アリです


大根の紹興酒漬け
AKA

カリカリッとした食感の大根
紹興酒に漬けたとは思わないぐらいお酒の味を感じずにあっさりとしている。
白ご飯くださ~いってお願いしたくなるほど、相性イイと思います


前菜3種盛り合わせ
AKA

上から時計回りに、鳥のネギとしょうがのソースをかけて、ホタルイカの味噌ダレ
胡瓜にはユリの花びら漬けをあしらって・・・。
見た目にも綺麗な前菜でございました
ネギとしょうがのソースですが、しょうがらしい味はなく、上品な味に仕上げられています。
そして、ホタルイカ。この味噌ベースのタレが絶品です
どれも、味に変化をつけられているので、楽しめる一皿でした


上海蟹と卵のふかひれスープ
AKA

蟹とふかひれの旨味を存分に楽しめたスープ
卵のトロトロ感が、もう文句ナシです


大海老の特製マヨネーズ炒め
AKA

プリップリの海老にマヨネーズソースが美味しくて美味しくて・・・
器もパリッと取り分けて頂いて、美味しく完食デス


鰹のXO醤炒め
AKA

新鮮な鰹をさっと揚げて、野菜の旨味を引き出したソースで絡められた一品
弾力のある鰹は、お肉を食べているような錯覚に
食材はもちろん、とにかくソースも美味しい


閼伽アルガ麻婆豆腐
AKA

スタッフオススメの麻婆豆腐でした
普通の麻婆豆腐はミンチとお豆腐のみですが、オクラなど他にも野菜を入れて
オリジナルな麻婆豆腐に仕上げられていました
とろみスープはピリッと辛さが効いていているが、野菜の甘みも感じる。
オススメの一品と言うのが、わかります


小籠包(ショウロンポウ)
AKA

点心料理では、小籠包好きな私。
今回もメニューにあり、外せないわということで、オーダーしました
肉汁たっぷりな小籠包は、皮を破らないよう慎重に口に運びます
アツアツを一口・・・。ジュワーッと口の中で広がるスープがもう、たまりません


海鮮おこげ
AKA

AKAでは、こういう風に土鍋でお料理を供してくれます
このおこげ料理は、テーブルで土鍋に入ったおこげに海鮮スープを掛けてくれて
ジューッという音と同時に、目と耳も楽しませてくれるのでした
お隣の席の方達に注目されつつ、サーブしてくれるこの一品。
音とともに、香ばしい香り、そして、海鮮の潮の香りも楽しめますよ
お味の方は、ちょっと濃い味のスープでしたが、野菜と海鮮の火加減といい
香ばしいおこげ、食べるタイミングも計算済み?と思わせる一品でした


黒胡麻のブラマンジェ
AKA

本日のデザートの中からチョイスしたデザート
黒胡麻の風味がよく、やわらかさも丁度いい

中華料理って脂っこいイメージがあって、最後のスイーツはシャーベットなどが
欲しくなるんですが、AKAさんでは、全く気になりません

色んなお料理を沢山楽しめて、しかも、味に偏りが無いから、飽きない
スタッフの方のサービスも心地よくて、ホント居心地がいいです
サーブされたお料理も、丁寧に取り分けてくれます
話も弾んで、気づいたら5時間もお店にお邪魔していました

日々勉強の毎日ですと言うお店の前向きな姿勢は、今後も新しいお料理を
供してくれるだろうと言う期待に、「また行きたい」 と思わせるお店でした

そうそう、精算をお願いした時に金額を提示された時のこと。
スタッフの手にはオルゴールが
何?と思っていたら、オルゴールが開かれて、その中には請求書が
入っているではありませんか
普通だったらトレイか何かに請求書を提示されますよね?
AKAさんではこういった粋な演出もされていました

2軒隣の 「混(COM)」 さんは、フレンチとBARの空間。
食事の後はBARでお酒を楽しむのもいいかもしれません。
営業時間は朝の5時までだそうです
そして土日の朝は、早朝5時からAKAさんで朝粥も頂くことが出来るそうです
朝粥メニューも週代わりで替わるそうなので、事前にチェックして伺うのもいいかもしれません


【お店情報】・・AKA

[2008/05/25 22:30 ] | 中華 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。