FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
土工房 轆轤 会員作品展
2016年2月28日~3月1日 ホテルアゴーラリージェンシー堺にて
開催されました、陶芸教室の会員さんによる作品展。

初日は日曜日でしたので、会場の展示に伺いました。
ホテ4階のダイヤモンドルーム。
会場について、その豪華な展示会場にビックリしました

何を展示させてもらったらいいやら…と悩んでおりましたが
何とか形になりました

今回、初の試みでご来場頂きました方達に、素敵だな…と感じる
作品に投票して頂くシステムが導入されました
お一人様、計5点まで投票出来ます。
どうなるやら~

もう、終わってしまいましたが、展示内容はこんな感じでした
長くなります…

作品展

古野幸治先生直筆のあいさつ文。
達筆で力強いメッセージです

作品展

会場に入ってすぐの光景。
この景色、会計コーナーからずーっと眺めていました。
いつ見てもいいですね

作品展

さ、ここから作家別の作品の数々です。

鉢は手作り、松も1本ずつ植えられ、豪華で、おそらく出展作品中
一番高価な1点だと思います。

作品展

鉢の中に、和の世界が広がり、素敵ですね~

作品展

作品展

ルーシー・リーの世界。
没後20年経ちますが、未だ色あせないルーシーの作品。

作品展

作品展

作品展

作品展

人気投票で上位だった徳野さんの作品群。
女性ですが、大きな作品もあり、作風の広さがありました。
食器は女性らしい優しい雰囲気の器でした

作品展

フクロウの置物でしょうか。
とっても愛らしく、癒される作品でした
とんぼの花器も素敵ですね

作品展

santakuさんの作品。
今年、お孫さんが初節句を迎えられるので、兜を作られていました
花入れもそうですが、手先が器用で繊細な作業もこなされ
作品より、几帳面さが伝わってきます。
公募展に出された作品群も素敵でした

作品展

彫りの名人と言われる程、繊細な模様を作品に刻まれています。
根気の要る作業ですが、焼きあがった作品を見ると完成度の高さに
見入ってしまいます

作品展

同じクラスの加藤さんの作品、干支十二支。
工房の中で、十二支全て作られている方は恐らく加藤さんと
他1~2名かと…。
見事ですね
年末、「干支作りだけでも作陶したい」 と思われる方
是非、一緒に作りましょう

作品展

作品展

作品展

作品展

この方の作品も、会員の中でも好評で、形が綺麗に揃っていること
釉薬も見栄えする雰囲気に焼きあがっていて、魅力的でした

作品展

こちら、私のスペースです
自宅で練習した通りに展示させて頂きました
展示会を終えての投票結果
数票投票して下さった方もいて嬉しかったな
ありがとうございました

作品展

こちら、いつも楽しく作陶させて頂いている同じクラスの向井さん。
いつも雰囲気のある器を作陶されています

作品展

こちらも同じクラスの大下さん。
アレンジしたお花がとっても目を惹く花器は、竹をイメージしたもの。
上下、2ケ所にお花が活けられます
馬の一輪挿しも、組皿も圧巻で綺麗でした

作品展

こちらも同じクラスの方。
このプロ級の絵の腕前と根気のいる作業。
脱帽です。
この作品を見入られた方、多かったことと思います

作品展

作品展

作品展

作品展

同じクラスのアイドル的存在、美蘭チャン。
この方も、器用な方で、陶板コースターに施した繊細な絵。
すごいなー。

作品展

作品展

作品展

作品展

作品展

イズミさんの作品スペース
いつも、市展に出される大きな作品が多い方ですが
珍しく、食器
リクエストの応えられて、小物作りもきっちりこなされます
変形壺、凝っていていい焼き上がりの壺ですね

作品展

こちらは人気投票第一位に輝いた加藤さん。
陶歴も長い方で、作風もバラエティに富んでいます
市展で何度も入賞されている、壺や花器。
額に入っているのは絵ではなく、陶板です。
この作品見事でした

作品展

そして、作品に触れられう方が多かった、デニムバッグ
無造作に置かれてあるので、貴重品大丈夫かしら?なんて思ったら
これも粘土で作られたもの。
あまりのリアルさに、見る人皆 「本物と間違えた」 とおっしゃいます

作品展

愛嬌のある、カエルの靴ベラ立て。
ミストをセットした幻想的なオブジェなど、本当に素敵でした

作品展

作品展

作品展

こちらも、投票で上位だった小猿さん。
この方も陶歴が長く、プロ顔負けの腕前。
ほっこりと優しい雰囲気の器を作られます。

作品展

作品展

このお茶碗とお湯呑が人気で、初日にほぼ完売
毎日作品を追加展示されていたとか

作品展

作品展

このおっきな作品、迫力ありました
会場に入って一番先に目に入ります
こんなの、玄関先にあったら素敵だろうな

作品展

作品展

作品展

作品展

作品展

作品展

作品展

この方のこのお皿、工房内で注目されていました。

作品展

レースの柄がとても綺麗で、釉薬との相性もばっちり
とても素敵な作品でした

作品展

こちらの方も、独特の雰囲気ある作品ですね
注目度、高かったように思います。

作品展

作品展

作品展

こうやって振り返って見てみると、本当に豪華な展示だったなーと。
見事でした

次回はいつかな~
その時は今回の経験を活かして、色々と企画出来たらいいな

先生はじめ、会員の皆様、大変お疲れさまでした。
ご来場頂きました方々、温かなコメントを下さった方々に
お礼を申し上げます。
いい経験をさせて頂きました

ありがとうございました




[2016/03/07 21:08 ] | 陶芸 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<土工房轆轤 会員作品展 打ち上げ | ホーム | 南海電車 特急ラピート「スター・ウォーズ/フォーズの覚醒」号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。